脳梗塞という言葉はよく聞く言葉となっていますが、どういった症状なのかというと、脳の血管が詰まることで、血流が流れなくなり、酸素とブドウ糖が脳に供給されない為、その影響で組織が死滅してしまう病気のことをいいます。
近年においては、脳梗塞を患う人が多くなっている為、生活習慣や食生活を変えることで、改善を行うことが重要となっています。脳の組織が一部死滅する事で、身体の麻痺や言語障害などといった多種多様な症状が表れ、生活に支障をきたす症状となっています。脳梗塞には、脳血栓症と脳塞栓症の2つに分けることが可能となっています。前者においては、血管の動脈硬化による影響で脳の血管が細くなり、詰まってしまう症状です。原因としては、血管は加齢と共に細くなり弾力を失う傾向にある為、血管壁がかたくなります。
その影響により、血液の流れが悪くなることで血管が詰まってしまいます。後者においては、脳とは異なる場所で血の塊が発生し、血流にのって脳まで運ばれることで、脳の血管が詰まってしまうものです。どちらの症状に関しても、後遺症を患う可能性がある為、注意が必要となっており、症状が発症した場合においては、適切な処置を施す必要があります。症状が発症する前においては前兆が出る場合が多いので、違和感が生じた場合には、早急に医療機関で受診する事が大切です。
主な前兆としては、左右どちらかの手足において力が入らなかったり、言葉がうまくしゃべれなく、相手の言葉を理解できないなどが挙げられます。
脳梗塞に関しては、早期発見が重要となっており、治療を施すことで改善が可能となっていますが、発見が遅れ重症化すると治療が困難となりますので、常日頃から意識する必要があります。近年においては、脂質を豊富に含まれている食品を摂取する傾向にある為、脳梗塞を発症しやすい環境となっています。
ストレスなどの生活習慣も脳梗塞に関与しているので、改善するように努力をすることが大切です。

posted by master  |  (0) read user's comments